選ぼう使おうACC-くるま社会の未来を変えるスーパーアイテム。あなたのコメントがクルマの未来を変えるかも!

HOME > 追越車線は早くない?! 走行車線をACCを使って走ろう!

追越車線は早くない?! 走行車線をACCを使って走ろう!

0

休日を中心に高速道路で発生しやすい渋滞。特にサグ部と呼ばれる部分やトンネルの出入り口等ではおこりやすくなっています。そこで、先進安全技術のACCを使用することで、疲労軽減等のほかに渋滞緩和にも効果的であることが研究で明らかになりました。

車線変更を我慢して、
キープレフト走行が渋滞緩和のカギ

交通量が多くなると、先を急ぐ車が追越車線に集中し始めます。一方で、走行車線は車が少なくなり、スペースができやすくなります。

そこで、追越車線と走行車線の利用率を同程度にする(平準化する)、つまり追越車線に車線変更せずに走行車線を走り続ける(キープレフト走行をする)ことで、利用率の偏りを抑えることができ、渋滞緩和につながるのです。

車間の詰め過ぎ、空け過ぎは渋滞につながる

ACCを使って渋滞時には
「車間:短め(Sモード)」設定で!

車間の詰めすぎ・空けすぎも渋滞の原因となることが分かりました。

車間を詰めすぎていると急ブレーキをかけがちになり、それが後続車にも伝わっていく。一方車間を空けすぎていると、この車両の後ろに車間を詰めすぎる車両が次々と連なってしまい、やがて渋滞発生へとつながるのです。

走行車線をACCを使って走ろう!(イメージ)

渋滞時にACCを使用し車間短め(S)モードで前方車両を追従すると、車間が長くなりすぎるのを防止し、速やかに追従することができます。また、車間短め(S)モード設定は、ドライバー操作による日常運転の範囲内の短め設定であるため、安全に走行可能な範囲内であると考えられます。したがって、渋滞時の追従走行には車間短め(S)モードが効果的と考えられます。

ACCを使って車間が長くなりすぎるのを防ぎ、速やかに追従するのが効果的
このようにACCを正しく使うことで渋滞緩和に貢献することができます。
一度、実践してみませんか?

この内容は有識者、道路管理者、自動車メーカー、国土交通省からなる産学官一体となった共同研究組織「高速道路サグ部等交通円滑化研究会」の成果から引用したものです。

この研究成果の詳細については国土交通省 国土技術政策総合研究所 高度道路交通システム(ITS)研究室ホームページ「路車連携した高速道路サグ部等における交通円滑化に関する研究」の中間とりまとめページでご覧いただけます。

NEXCO東日本・中日本・西日本の各社でも渋滞の原因を分析し、渋滞解消・緩和対策を実施しています。

NEXCO東日本

ACCを知ってる人も 知らなかった人も

記事を読んだら感想を聞かせてね!

投稿されたコメントはありません。

コメント投稿

お読みになった感想、ご意見や今後のACCの発展に期待することなど、200文字以内でご記入ください。
ご利用についてはコメント投稿についてをご覧ください。

投稿はページ下の「新着コメント」欄に表示されます。

コメント投稿について

「選ぼう使おうACC」サイト(以下、本サイト)をご利用いただきありがとうございます。
本サイトで送信いただく情報の取り扱いについては下記の利用規約のとおりです。

【利用規約】

事務局連絡窓口:info@jaf-acc.jp

閉じる

コメント投稿

コメントを投稿します。よろしいですか?