選ぼう使おうACC-くるま社会の未来を変えるスーパーアイテム。あなたのコメントがクルマの未来を変えるかも!

HOME >  第5回 欧州では小型商用車にも普及しているACC -西村直人のACC最前線

西村直人のACC最前線

第5回 欧州では小型商用車にも普及しているACC
0

第2回目で、欧州ではACCが一般的な装備であることをご紹介しましたが、これは乗用車に限ったことではありません。大型の商用車や、小ぶりなボディサイズの商用車においても装着率が高まってきています。

日本では小型商用車の働くステージは、高速道路よりも一般道路が主体です。そのため、ACCの必要性が低いとされ、現時点、日本の小型商用車でACCを装備している車両はありません。しかし、欧州では小型商用車であっても、一日あたりの移動距離が長く、時として高速道路の利用も多くなるためACCの必要性は年々高まりをみせています。また、高速道路では一般道路よりも巡航速度が速まることから、業務用の機材や宅配用の荷物を満載した状態での走行は不安定になりがちです。

このように、長距離走行かつ積荷の負荷が掛かるシビアな運転環境に対して、欧州の商用車メーカーは小型商用車の安全性を高める装備を段階的に導入してきました。4輪それぞれに独立したブレーキ制御を行う車両挙動安定装置や、ルームミラー付近に設置したカメラで道路の白線を認識し、車線の中央を維持するレーンキープ装置はその代表的な安全装備です。いずれも乗用車や大型商用車で普及が進み、またその効果が認められていることから、欧州では小型商用車に対しても装着の義務化が決定しています。

また、ACCで使用しているミリ波レーダーは、前車との異常接近をドライバーに知らせブレーキ操作を促す接近警報や、実際にブレーキ操作を自動で行い衝突を可能な限り回避したり被害を軽減する衝突被害軽減ブレーキとも共有することができるため、ACCの導入は、こうした次世代型の安全装備の普及とも歩調を合わせやすいともいえるでしょう。

小型商用車で使用するACCと乗用車のACCとの間に、機能的な違いはありません。ただし、ACCによる前走車の認識率を高めて加減速制御をきめ細かく行うため、ミリ波レーダーで使用する周波数帯を複数使い分けている乗用車メーカーもあります。その点、商用車ではコストが重要視されることから、単一のミリ波レーダーのみで制御を行うなど独自の手法が採られています。一方、大型商用車では、ブレーキペダルによる減速操作のほかに、永久磁石式を使用したリターダーや、エンジンブレーキ力を高める補助ブレーキを装備しているため、ACCでの減速操作では複数のブレーキを状況により使い分けています。

日本で検討中の次世代型ACC「CACC」ですが、これは欧州でも導入される見通しです。その際には、乗用車と大型商用車、そして小型商用車といった車種ごとの違いはなるべく設けず、混合交通下においてもスムーズなCACC走行ができるよう多角的な検証が進められています。

欧州では小型商用車にも普及しているACC

乗用車でのACCが普及したことで、小型商用車へのACC導入コストが下がるなど相乗効果が見られる欧州市場。大型商用車、小型商用車の区別なくACCの導入が進む欧州では、ACCにおける利便性を体感しているユーザー多いため、将来的なCACCへの移行・普及にも弾みがつくと考えられています。

公開日 2014年11月10日

西村 直人氏(交通コメンテーター)

西村 直人【交通コメンテーター】

特別編「CACCを試してみた」

1972年東京都生まれ。クルマとバイク、ふたつの社会の架け橋となることを目指す。得意分野はパーソナルモビリティだが、WRカーやF1、2輪界のF1であるMotoGPマシンの試乗もこなす。近年では大型のトラック&バス、トレーラーの公道試乗も行うほか、HVのバス&電車など、物流や環境に関する取材も多数担当。2007年度東京都交通局バスモニター。「JAF Mate」誌では、本誌初の二輪連載企画を4年間担当。大型第二種免許/けん引免許/大型二輪免許、2級小型船舶免許所有。

  • 日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J)理事(ITS分科会リーダー)
  • (財)全日本交通安全協会 東京二輪車安全運転推進委員会 指導員
  • (協)日本イラストレーション(JILLA)協会 監事
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(2010年度から)

ACCを知ってる人も 知らなかった人も

記事を読んだら感想を聞かせてね!

投稿されたコメントはありません。

連載バックナンバー

コメント投稿

お読みになった感想、ご意見や今後のACCの発展に期待することなど、200文字以内でご記入ください。
ご利用についてはコメント投稿についてをご覧ください。

投稿はページ下の「新着コメント」欄に表示されます。

コメント投稿について

「選ぼう使おうACC」サイト(以下、本サイト)をご利用いただきありがとうございます。
本サイトで送信いただく情報の取り扱いについては下記の利用規約のとおりです。

【利用規約】

事務局連絡窓口:info@jaf-acc.jp

閉じる

コメント投稿

コメントを投稿します。よろしいですか?