選ぼう使おうACC-くるま社会の未来を変えるスーパーアイテム。あなたのコメントがクルマの未来を変えるかも!

HOME >  第33回 後退時、左右にいる車両は検知できるの? -西村直人のACC最前線

西村直人のACC最前線

第33回 後退時、左右にいる車両は検知できるの?
0

駐車スペースから後退する際、左右からくる車両の発見が遅れてしまうことがあります。また、発見が遅れたことにより他車との接触する危険性が高まることも考えられます。そうした状況を避けるために開発されたのが「後退時左右車両検知装置」と呼ばれる先進安全技術です。

この装置は、ACCなどで使われているミリ波レーダーのうち、照射角度の広い24GHzの準ミリ波レーダーや25GHzのミリ波レーダー()によって車両後部左右からくる車両を検知し、ドライバーにその存在を知らせることで他車との接触回避を支援します。

ここでのミリ波レーダーは第31回で紹介した「リヤビークルモニタリングシステム」(正式名称:後側方接近車両注意喚起装置)で使われているセンサーと共有されることが多いものの、後退時左右車両検知装置ではリヤビークルモニタリングシステムよりも検知対象範囲を左右方向に拡大させることにより、高い精度で機能させています。

センサーが他車の存在を認識すると、その車両が自車に近づいてくるのか、または遠ざかっていくのかを判断します。次にその車両が自車に近づいてくると判断された場合には、相対距離などに応じ接触の可能性が高まるなど危険な状態に近づいたタイミングで、ドライバーに対して警報ブザーやドアミラー付近に設置されたインジケーター表示によって後退を一時中断するよう促します。

この時、近づいてくる側の車内スピーカーからのみ警報ブザーを鳴らし(例:自車左側から接近する場合は左側スピーカーのみ)、接近方向をドライバーに知らせる車両もあります。また、警報やインジケーター表示とともに「バックビューモニター」(車両後方の視界を映し出すカーナビ画面)に警告を出す車種も登場しています。

後退時左右車両検知装置の発展版として、ドライバーに対して警告やディスプレイ表示などを行ったにもかかわらず後退を中断しない場合に、他車との接触が避けられないと判断されると、対応速度には限界がありますが自律自動ブレーキによって車両を停止させる先進安全技術も一部の市販車に導入されています。

後退時左右車両検知装置はバイクや自転車など表面積の小さい二輪車の認識がむずかしく、ミリ波レーダーの特性から人物の認識も不得意です。よって、こうした先進安全技術がある場合であっても、目視で後方を確認しながらゆっくりと後退して左右からくる他車に注意を払いつつ、状況によっては自車両側の窓を開けるなどして他車が接近してきていないか耳で判断するなど、ドライバーが責任をもって運転操作を行うことが大切です。

センサーに光学式カメラを用いる車種もあります。

後退時、左右にいる車両は検知できるの?

車両の左側から他車が接近している状況です。警報ブザーやインジケーター表示のほかに、カーナビ画面では車両が接近する方向を黄色の矢印で表示しています。

公開日 2016年01月14日

西村 直人氏(交通コメンテーター)

西村 直人【交通コメンテーター】

特別編「CACCを試してみた」

1972年東京都生まれ。クルマとバイク、ふたつの社会の架け橋となることを目指す。得意分野はパーソナルモビリティだが、WRカーやF1、2輪界のF1であるMotoGPマシンの試乗もこなす。近年では大型のトラック&バス、トレーラーの公道試乗も行うほか、HVのバス&電車など、物流や環境に関する取材も多数担当。2007年度東京都交通局バスモニター。「JAF Mate」誌では、本誌初の二輪連載企画を4年間担当。大型第二種免許/けん引免許/大型二輪免許、2級小型船舶免許所有。

  • 日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J)理事(ITS分科会リーダー)
  • (財)全日本交通安全協会 東京二輪車安全運転推進委員会 指導員
  • (協)日本イラストレーション(JILLA)協会 監事
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(2010年度から)

ACCを知ってる人も 知らなかった人も

記事を読んだら感想を聞かせてね!

投稿されたコメントはありません。

連載バックナンバー

コメント投稿

お読みになった感想、ご意見や今後のACCの発展に期待することなど、200文字以内でご記入ください。
ご利用についてはコメント投稿についてをご覧ください。

投稿はページ下の「新着コメント」欄に表示されます。

コメント投稿について

「選ぼう使おうACC」サイト(以下、本サイト)をご利用いただきありがとうございます。
本サイトで送信いただく情報の取り扱いについては下記の利用規約のとおりです。

【利用規約】

事務局連絡窓口:info@jaf-acc.jp

閉じる

コメント投稿

コメントを投稿します。よろしいですか?