選ぼう使おうACC-くるま社会の未来を変えるスーパーアイテム。あなたのコメントがクルマの未来を変えるかも!

HOME >  第29回 通信機能との連携とはなんですか? -西村直人のACC最前線

西村直人のACC最前線

第29回 通信機能との連携とはなんですか?
0

これまで、「ACC」に通信機能を組み合わせた「通信利用型ACC」とも呼ばれる「CACC」について概要を紹介してきましたが、今回はその通信機能にはどんな役割があるのかを具体的に解説します。

これまで紹介してきたCACCとは、ITS専用周波数である760MHzの電波を活用した運転支援システムである「ITS Connect」(ITS Connect推進協議会)の部分的な機能でした。現在、このITS Connectを搭載した車両は、大きく分けて次の2種類のシステムと通信することができます。

A/路車間通信システム(DSSS:Driving Safety Support Systems)
…道路に設置されたセンサーと車に搭載されたセンサーが通信を行います。
「DSSS」には3つの機能が存在します。①クルマと道路がつながることでこれまで見落としがちだった、交差点での右折待ち停車時に対向車線から接近する直進車や右折先の横断歩道にいる歩行者の存在を、ディスプレイ表示と警報ブザーで知らせドライバーに注意喚起を行う「右折時注意喚起」。②赤信号が点灯している交差点に近づいてもアクセルペダルを踏み続けるといった、ドライバーが赤信号を見落としている可能性がある場合に表示とブザーで注意喚起を行う「赤信号注意喚起」。③赤信号で停車している待ち時間の目安を表示する「信号待ち発進準備案内」です。
B/車々間通信システム(CVSS:Connected Vehicles Support Systems)
…車と車がつながり合うことを意味し相互の車両に搭載されたセンサーで通信を行います。
「CVSS」には2つの機能が存在します。①ACCを使用している際、前走車がITS Connectのセンサーを搭載している場合に、車々間通信によって取得した前走車の加減速情報に反応して車間距離や自車速度の変動を抑えたACC走行ができる「通信利用型レーダークルーズコントロール」(通称:CACC)。②サイレンを鳴らしている緊急車両(現時点では救急車が対象)が存在する場合、ブザーが鳴り、同時に自車に対して緊急車両がどの方向にいて、どれほど距離が離れているのか、おおよその方向と距離をディスプレイに表示する「緊急車両存在通知」です。

上記のうち、Aシステムは、道路側にセンサーを設置した路車間通信システムに対応している交差点(2015年11月8日現在で全国23か所)でのみ機能させることができますが、Bシステムに関しては、ITS Connectのシステムを搭載した車両同士であれば(CACCは高速道路などでのみ)機能させることができます。また、将来的にはA、Bシステムともに機能の拡充が検討されているほか、ITS Connect推進協議会に加入する会員企業(2015年11月8日現在で国内自動車メーカー3社を含む全18社)の増加に伴い、ITS Connect搭載車両も増えることが見込まれます。

このようにACCから派生したCACCは、路車間通信や車々間通信といった新たな先進的な運転支援システムとの関係性が非常に深いと言えます。また、使用する電波の周波数帯は違いますが、ITS Connectと同じような取り組みは欧州や北米でも実証実験が進み、近年中に本格的な導入が行われる予定です。

【参考資料】ITS Connect推進協議会

第29回 通信機能との連携とはなんですか?

交差点に設置されている路側センサー。
感知器で交差点の通行状況を感知し、無線機でITS Connect 搭載車両に情報を発信します。

第29回 通信機能との連携とはなんですか?

上写真のセンサーが設置された交差点にITS Connect 搭載車両がさしかかると、本文中のAシステムで紹介した各機能が状況に応じて働きます。その際、ITS Connect アイコンが自車のインパネ内に点灯します。路側装置(感知器)は夜間でも機能するため、見落とし防止に役立つと期待されています。

公開日 2015年11月13日

西村 直人氏(交通コメンテーター)

西村 直人【交通コメンテーター】

特別編「CACCを試してみた」

1972年東京都生まれ。クルマとバイク、ふたつの社会の架け橋となることを目指す。得意分野はパーソナルモビリティだが、WRカーやF1、2輪界のF1であるMotoGPマシンの試乗もこなす。近年では大型のトラック&バス、トレーラーの公道試乗も行うほか、HVのバス&電車など、物流や環境に関する取材も多数担当。2007年度東京都交通局バスモニター。「JAF Mate」誌では、本誌初の二輪連載企画を4年間担当。大型第二種免許/けん引免許/大型二輪免許、2級小型船舶免許所有。

  • 日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J)理事(ITS分科会リーダー)
  • (財)全日本交通安全協会 東京二輪車安全運転推進委員会 指導員
  • (協)日本イラストレーション(JILLA)協会 監事
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(2010年度から)

ACCを知ってる人も 知らなかった人も

記事を読んだら感想を聞かせてね!

投稿されたコメントはありません。

連載バックナンバー

コメント投稿

お読みになった感想、ご意見や今後のACCの発展に期待することなど、200文字以内でご記入ください。
ご利用についてはコメント投稿についてをご覧ください。

投稿はページ下の「新着コメント」欄に表示されます。

コメント投稿について

「選ぼう使おうACC」サイト(以下、本サイト)をご利用いただきありがとうございます。
本サイトで送信いただく情報の取り扱いについては下記の利用規約のとおりです。

【利用規約】

事務局連絡窓口:info@jaf-acc.jp

閉じる

コメント投稿

コメントを投稿します。よろしいですか?