選ぼう使おうACC-くるま社会の未来を変えるスーパーアイテム。あなたのコメントがクルマの未来を変えるかも!

HOME >  第26回 ヘッドライトの自動切替え機能とは? -西村直人のACC最前線

西村直人のACC最前線

第26回 ヘッドライトの自動切替え機能とは?
1

交通事故による死亡者数は昭和45(1970)年の16,765人をピークに、平成21(2009年)年には5,000人を下回る4,968人となり、その後も減り続け平成26(2014)年にはピークの1/4以下となる4,113人にまで減少しています。この死亡者数を状態別にみていくと歩行者が36.4%ともっとも多く、そのうち夜間の事故が全体の約7割を占めていることがわかりました(数字は警察庁交通局「平成26年中の交通事故の発生状況」より抜粋)。

年間の死亡者数は減少していますが、夜間の割合はここ10年間、約5割と横ばいです。夜間は視界が悪くなることから交通事故を誘発する要因が多く、こうしたことから夜間の視認性向上を狙った「HID」や「LED」と呼ばれる従来型のヘッドライトよりも明るい光源を使用したヘッドライトが開発され、多くのクルマに搭載されるようになってきました。しかし、単に明るい光源のヘッドライトを採用しても、状況に応じてハイビーム(走行用前照灯)を適正に使用しなければ、視認性向上にはつながりません。

そこで開発されたのが、「ヘッドライトの自動切替え機能」です。これはロービーム(すれ違い用前照灯)とハイビームを周囲の状況に応じて自動的に切替え、他車を眩惑することなく視認性を向上させるもので、自動的にヘッドライトを点灯させる「オートライト機能」を進化させたシステムとも言えます。周囲の暗さを検知するセンサーによってヘッドライトを点灯させるオートライト機能に対して、ヘッドライトの自動切替え機能は「ACC」や「衝突被害軽減ブレーキ」にも使われている光学式カメラをセンサーとして専用に追加してロービームとハイビームを自動的に切替えます。

ヘッドライトの自動切替え機能は、光学式カメラによって周囲の暗さに加えて街灯や前走車のテールランプ、さらには対向車のヘッドライトなどの光源も検知し、周囲への眩惑がないと判断された場合に限って、ロービームからハイビームへと自動的に切替えヘッドライトの照射範囲を拡げることで視認性を向上させます。また、ハイビームで走行中、前走車や対向車を検知した場合には、自動的にロービームへと切替える機能を持ち合わせています。

さらに、先行車や対向車がいるところだけを連続的に遮光する「次世代型ヘッドライトの自動切替え機能」も登場しています。これは自動車メーカーによって「アダプティブハイビームシステム」、「アダプティブLEDヘッドライト」などと呼び名こそ異なりますが、センサーによって他車への眩惑を正確に避けつつ、可能な限り照射範囲を広げる目的は共通です。加えて、自車速度に応じて配光特性を最適化させたり、ステアリングの角度に応じて進行方向にヘッドライトの光軸を向けたりする機能も併用されています。

ヘッドライトの自動切替え機能とは?

自車速度に応じて照射の配光特性を最適化させたシステムの一例です。時速15~40kmでは「住宅地配光」として横方向にワイドな配光とし、時速40~80kmでは「通常配光」としてまんべんなく照らしつつ、時速80km以上では「高速配光」として車両前方に集中させた配光を行います。

出典:トヨタ自動車「アダプティブハイビームシステム」

公開日 2015年09月30日

西村 直人氏(交通コメンテーター)

西村 直人【交通コメンテーター】

特別編「CACCを試してみた」

1972年東京都生まれ。クルマとバイク、ふたつの社会の架け橋となることを目指す。得意分野はパーソナルモビリティだが、WRカーやF1、2輪界のF1であるMotoGPマシンの試乗もこなす。近年では大型のトラック&バス、トレーラーの公道試乗も行うほか、HVのバス&電車など、物流や環境に関する取材も多数担当。2007年度東京都交通局バスモニター。「JAF Mate」誌では、本誌初の二輪連載企画を4年間担当。大型第二種免許/けん引免許/大型二輪免許、2級小型船舶免許所有。

  • 日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J)理事(ITS分科会リーダー)
  • (財)全日本交通安全協会 東京二輪車安全運転推進委員会 指導員
  • (協)日本イラストレーション(JILLA)協会 監事
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(2010年度から)

ACCを知ってる人も 知らなかった人も

記事を読んだら感想を聞かせてね!

コメントに共感したら
「わかる!」をPUSH!

2016/11/07 12:29

最近、しきりに原則ハイビーム走行を推奨しているが、そんなにハイビーム走行をしてほしいなら、面倒な切り替え操作を自動化してくれる後付け式の自動ハイビーム装置を開発してくれればいいと思う。 自動ハイビーム装置はGentexのスマートビームというカメラ付きのミラーを使って実現しているので、信号処理を工夫してヘッドライトリレーを制御すれば自動切り替えが実現できるはず。

takaさん (50代/男性)長野県

連載バックナンバー

コメント投稿

お読みになった感想、ご意見や今後のACCの発展に期待することなど、200文字以内でご記入ください。
ご利用についてはコメント投稿についてをご覧ください。

投稿はページ下の「新着コメント」欄に表示されます。

コメント投稿について

「選ぼう使おうACC」サイト(以下、本サイト)をご利用いただきありがとうございます。
本サイトで送信いただく情報の取り扱いについては下記の利用規約のとおりです。

【利用規約】

事務局連絡窓口:info@jaf-acc.jp

閉じる

コメント投稿

コメントを投稿します。よろしいですか?