選ぼう使おうACC-くるま社会の未来を変えるスーパーアイテム。あなたのコメントがクルマの未来を変えるかも!

HOME >  第21回 「ACC」や「衝突被害軽減ブレーキ」は、自分の車に後付けできるの? -西村直人のACC最前線

西村直人のACC最前線

第21回 「ACC」や「衝突被害軽減ブレーキ」は、自分の車に後付けできるの?
1

「ACC」や「衝突被害軽減ブレーキ」は非常に多くの部品で構成されておりシステムも複雑です。前走車や障害物を検知するセンサーにしても高い精度が求められるとともに、センサーから得た情報の解析には高い技術が要求されます。また、実際の制御にしても、アクセル操作やブレーキ操作など運転の根幹に関わるため、コントロールを失ってしまうことがないように、万が一の場合でも大事には至らないような幾重にも及ぶフェールセーフ機能が求められます。

こうしたことから、ACCや衝突被害軽減ブレーキの設定がない車両の場合は、納車後に後付けすることがかなり難しいといえます。では、ACCや衝突被害軽減ブレーキが設定されている車両の場合はどうでしょうか? 「納車後であっても必要な部品を取り付けさえすれば機能させることが可能になるのでは……」、と思われがちですが、実際にはセンサーなど必要な部品の装着には専門知識が必要となり、交換しなければならない部品も多く、それらの脱着までを考えると相当な費用が掛かってしまいます。

また、部品の調達や組み込み作業が上手くいったとしても、その車両が自動車メーカーの想定した性能を正しく発揮できるかどうかは、さらに時間を掛けて検証する必要があり、いずれにしろ現実的ではありません。現時点では、車両に対して自動車メーカーが設定したACCや衝突被害軽減ブレーキは、新車購入時にのみ装着の選択ができると理解してください。

しかしながら、機能や効果には大きな制限がつくものの、ADAS(Advanced Driver Assistance Systems)である、前走車や障害物に近づいたことを知らせてくれる「前方衝突警戒」や、車線の逸脱を検知するとその回避を促す「車線逸脱警戒」、さらには前走車が発進したことを教えてくれる「前車発進お知らせ」などの各機能を後付けすることは可能で、実際こうした機能を搭載したドライブレコーダー(例/安全運転支援機能付きドレイブレコーダー・車載カメラ「ドラドラ6」)も一般向けに販売されています。

過去には自動車メーカーとして、CC(Cruise Control)を装備していた車両に対して、その自動車メーカーの整備工場に車両を預けることで後付けとしてACC機能を追加で搭載できた例がありましたが、低速域での追従走行が行えないなど、最初からACCを搭載している車両とは機能に違いが設けられていました。また、一部の商用車メーカーが販売していた大型観光バスでは、現在でもその車両が指定された生産年式である場合に限り、衝突被害軽減ブレーキの後付けが可能です。ただし、取り付けには車両を商用車メーカー子会社の改造部門に預ける必要があり、その期間(3か月ほど)は営業車として利用できないといった条件がつくとのことです。

「ACC」や「衝突被害軽減ブレーキ」は、自分の車に後付けできるの?

安全運転支援機能を組み合わせたドライブレコーダーの一例(画像は「ドラドラ6」)。本体に搭載した画像録画用の単眼光学式カメラからの情報と内蔵したGPSセンサーの情報を解析し、必要に応じて音声などでドライバーに危険が迫ったことを知らせ、回避動作を促してくれる。また、ADAS搭載のドライブレコーダーであれば、後付けで「前方衝突警戒」などの機能を導入することが可能。ただし、操作系の制御はドライバー自身で行う必要がある。

公開日 2015年07月21日

西村 直人氏(交通コメンテーター)

西村 直人【交通コメンテーター】

特別編「CACCを試してみた」

1972年東京都生まれ。クルマとバイク、ふたつの社会の架け橋となることを目指す。得意分野はパーソナルモビリティだが、WRカーやF1、2輪界のF1であるMotoGPマシンの試乗もこなす。近年では大型のトラック&バス、トレーラーの公道試乗も行うほか、HVのバス&電車など、物流や環境に関する取材も多数担当。2007年度東京都交通局バスモニター。「JAF Mate」誌では、本誌初の二輪連載企画を4年間担当。大型第二種免許/けん引免許/大型二輪免許、2級小型船舶免許所有。

  • 日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J)理事(ITS分科会リーダー)
  • (財)全日本交通安全協会 東京二輪車安全運転推進委員会 指導員
  • (協)日本イラストレーション(JILLA)協会 監事
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(2010年度から)

ACCを知ってる人も 知らなかった人も

記事を読んだら感想を聞かせてね!

コメントに共感したら
「わかる!」をPUSH!

2016/08/15 13:45

既存車に装着できる警報のみのADASとしては、モービルアイが高いですが確実性が高いですね。ドライブレコーダーのADASは誤警報が多くて信頼性に欠ける部分があります。車線逸脱警報だけをとっても自動車の国際法規であるECE130号をクリアしているのはモービルアイだけのようですから。

ゆーともゆうさん (50代/男性)神奈川県

連載バックナンバー

コメント投稿

お読みになった感想、ご意見や今後のACCの発展に期待することなど、200文字以内でご記入ください。
ご利用についてはコメント投稿についてをご覧ください。

投稿はページ下の「新着コメント」欄に表示されます。

コメント投稿について

「選ぼう使おうACC」サイト(以下、本サイト)をご利用いただきありがとうございます。
本サイトで送信いただく情報の取り扱いについては下記の利用規約のとおりです。

【利用規約】

事務局連絡窓口:info@jaf-acc.jp

閉じる

コメント投稿

コメントを投稿します。よろしいですか?