選ぼう使おうACC-くるま社会の未来を変えるスーパーアイテム。あなたのコメントがクルマの未来を変えるかも!

HOME >  第24回 読者のACCの疑問に回答<Vol.02> -西村直人の「これからの自動運転、みんなの技術」

西村直人の「これからの自動運転、みんなの技術」

目前に迫る「自動運転」の時代。わが国の政府も2020年までの実用化を掲げています。
ハンドル操作が不要になる? 前方車両の追い越しまで車が自動でやってくれる?
いやいや、実は「自動運転」ってそれだけじゃありません。
自動運転の開発によって培われた技術は、さまざまな分野への転用が期待されています。
自動運転の技術と、その自動運転が変革していく社会を、最新情報を織り交ぜながら、
このコラムでは解説していきます。

本コラムページには、読者からACCに関する多数のコメントが寄せられています。その中のこれはというコメントをテーマにとりあげ、当ACCサイトの執筆/監修を行う西村直人が編集担当に解説する形で話が進みます。

読者のACCの疑問に回答「霧やものすごい豪雨のときは使えますか?」(イメージ)
編集担当

西村さん、前回(第22回)の「疑問に回答!」をやってから、読者さんのコメントが増加傾向にあるんですよ。

西村さん

本当ですか! うれしいですね。コメントをたくさんいただけているということは、それだけみなさんACCをはじめとした運転支援技術をお使いになられているということですね。

霧やものすごい豪雨のときは使えますか?
編集担当

そこで、今回の質問です。
「霧や、ものすごい豪雨で前が見えにくくてゆっくりしか走れないときに、前の車を検知してついて走ってくれたら便利だと思いますが、そういうときにACCは使えるのでしょうか」(あんぱん81さんさん 30代女性/東京都)
確かに、最近ゲリラ豪雨も多いし、ACC走行中でもゲリラ豪雨にあったらACCはどうなっちゃうのか、知っておくと安心です。ミリ波、ステレオカメラ、レーザーレーダーと、それぞれの場合で、端的に教えいただけますか?西村さん、端的に、ですよ。

西村さん

ACC最前線第30回でご紹介している通り、センサーにはそれぞれ得意分野と不得意分野があります。ミリ波はより遠くまで認識でき、複眼光学式カメラ(ステレオカメラ)は形の認識能力に優れ、レーザーレーダー(主に衝突被害軽減ブレーキ用のセンサーでACCには使われていません)は短距離であれば正確な測距性能が高いという傾向があります。そこでご質問にある豪雨での使用ですが、いずれのセンサーでも認識性能の限界値を超えてしまうことがあります。人間の眼で前が見えづらいという状況では、センサーも正確な判断がつきにくいと覚えていただくとよいでしょう。ゲリラ豪雨で前が見えづらく運転が困難であると感じたら、速度を落として走行し、それでも怖いと感じたら安全な場所にハザードランプを点灯させて停車し、雨足が弱まるのを待ちましょう。

読者のACCの疑問に回答「霧やものすごい豪雨のときは使えますか?」(イメージ)
日本も産学政府主導で自動運転技術の開発を
編集担当

なるほど、人間の眼で見えづらいことは、センサーだって判断がつきづらいわけですね。それでは次の質問。というか、ご意見です。
「運転技量の低下が日本では見られます。今すぐスウェーデンの様に産学政府主導で自動運転技術を磨かなければ電気自動車の世界では日本はイスラエル技術に遅れをとり衰退します。即有料自動車専用道路から行うべきです」(ときおかとしおさんさん 60代男性/兵庫県)
と、日本の最近の道路交通のあり方に一石を投じるようなご意見です。西村さんはどのようにお考えになりますか?

西村さん

運転技量の低下は一部で言われているようですが、確たる指標がないため一概には判断ができないところがあります。しかしながら、近年の乗用車では運転支援技術が発達していることから、それらに頼った運転操作が目に余るという事実もあるかと思います。さて、スウェーデンでのお話ですが、大変興味深いですね。私も2016年夏、同じ北欧地域にあるフィンランドの交通事情を取材(これからの自動運転 みんなの技術第5回第7回)してきましたが、バスやトラムなど公共交通機関における自律自動運転技術の導入に積極的であることがわかりました。日本では、SIP-adus主導(ACC最前線第17回)により、産官学連携の自律自動運転技術の開発が進められており、2017年9月からは高速道路だけでなく一般道路も使った大規模な実証実験がスタートします。

購入したACC車の走行に感動
編集担当

なるほど、日本もただ手をこまねいているわけじゃないんですね。あとは、こんなACCについて好意的なご意見もいただきました。
「今年1月に初のACC車を購入、高速道路での走行に感動しています。高速では今までもクルーズコントロールを常用していましたが前の車に近づくと減速させたり解除したり忙しかったのですがACCだと車間を自動調整してくれるので快適です。まだ運転補助装置としての認識ですが自動運転に一歩近づいた気がして楽しみです。」
これは全くその通りですね。最近では、アウディがレベル3の自動運転車を市販化したとか聞きましたが?

西村さん

そうなんです。ACCは自律自動運転への扉を開く運転支援技術でもあります。ACCのシステムには機能的な限界点があるにせよ、アクセル操作とブレーキ操作が自動的に行われることでドライバーの疲労軽減効果が期待できます。また、システム(機械)が行う運転操作では安全性が確保できない、具体的にはアクセルやブレーキ操作が足りないとドライバー(人)が感じた場合は、それらの運転操作をドライバーが補うことで安全な運転環境を手に入れることができます。これを、当サイトでは「人と機械の協調運転」(ACC最前線第36回)として紹介し続けていますが、そうした人と機械の関係は、システムが機能限界であるとした場合にドライバーに運転操作の権限が戻されることが条件である「自動化レベル3」の自律自動運転技術が導入された後も継続されます。2017年7月、アウディの新型セダン「A8」に自動化レベル3の技術が搭載されましたが、まずは欧州における特定の高速道路上で60km/h以下の場合にのみ機能します。ただし、使用するにはその国や地域の法律を遵守しなければならず、現状、日本でA8が搭載した自動化レベル3の自律自動運転が行えるかどうかは、SIP-adusを中心とした国の機関で検討中です。

ACCは自律自動運転への扉を開く運転支援技術(イメージ)
いかがでしたか? 読者の皆さんから寄せられたコメントにお答えしていく中で、ACCってどんな技術なのかがより明確になってくればと思っています。
次回もお楽しみに!

公開日 2017年07月24日

西村 直人氏(交通コメンテーター)

西村 直人【交通コメンテーター】

特別編「CACCを試してみた」

1972年東京都生まれ。クルマとバイク、ふたつの社会の架け橋となることを目指す。得意分野はパーソナルモビリティだが、WRカーやF1、2輪界のF1であるMotoGPマシンの試乗もこなす。近年では大型のトラック&バス、トレーラーの公道試乗も行うほか、HVのバス&電車など、物流や環境に関する取材も多数担当。2007年度東京都交通局バスモニター。「JAF Mate」誌では、本誌初の二輪連載企画を4年間担当。大型第二種免許/けん引免許/大型二輪免許、2級小型船舶免許所有。

  • 日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J)理事(ITS分科会リーダー)
  • (財)全日本交通安全協会 東京二輪車安全運転推進委員会 指導員
  • (協)日本イラストレーション(JILLA)協会 監事
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(2010年度から)
西村直人のACC最前線

過去の連載はこちら

日々進歩していくACC。ACCの歴史から技術の未来まで、じっくり解説します。 連載期間:2014年9月~2016年3月

自動運転について知ってる人も 知らなかった人も

記事を読んだら感想を聞かせてね!

コメントに共感したら
「わかる!」をPUSH!

2017/08/09 13:19

ACCは使ってみると便利ですが、内心はホントに大丈夫かな? と思って、ずっとブレーキペダルに足を置いていて、しかもブレーキをかけないようにキープしているので足首がちょっと疲れます。本当はどこに右足を置いておいたらいいのでしょうか。

のりのりたまごさん (30代/女性)東京都

2017/08/05 14:53

コスト問題が有りますがステレオカメラとミリ波同時使用が効果的だと思います。そして自転車飛び出し等一般道使用不可能で有料自動車専用道路のみインフラ整備と車輌装置で完全自動運転に向かうのが素早く正しい答えだと思いますが?

時岡敏夫さん (60代/男性)兵庫県

連載バックナンバー

コメント投稿

お読みになった感想、ご意見や今後のACCの発展に期待することなど、200文字以内でご記入ください。
ご利用についてはコメント投稿についてをご覧ください。

投稿はページ下の「新着コメント」欄に表示されます。

コメント投稿について

「選ぼう使おうACC」サイト(以下、本サイト)をご利用いただきありがとうございます。
本サイトで送信いただく情報の取り扱いについては下記の利用規約のとおりです。

【利用規約】

事務局連絡窓口:info@jaf-acc.jp

閉じる

コメント投稿

コメントを投稿します。よろしいですか?